カードローンを滞納したらやるべき事

カードローンを延滞したらまずこれをやるべき!

カードローン.延滞.遅延

急な病気や事故などで、収入や生活の状況が突然変わってしまい、
「返す予定だったが返せない」、「引き落とし日に入金が間に合いそうに無い」ということで返済が延滞したり遅延したりする場合も起こり得ます。
返済が滞ってしまった場合、利用者にどんなデメリットが来るのでしょうか?また、その様な状況になった時はどのように対処すればいいのでしょうか?

「遅延」と「延滞」の違いとは?
「遅延」

支払期日から2〜3日後程度の遅れであれば、「自動引き落とし日に、たまたま口座に残高が無かった」と判断されそれほど問題にはならないでしょう。
カードローンの返済は支払期日までに入金が確認できなかった場合、手紙や電話などで催促が来る事になりますが、それまでに支払いが間に合えば、「遅延」扱いになりますが、催促したのにもかかわらず1ヶ月以上返済されない、もしくは新たに設定された返済期日までに返済が無ければ「延滞」になってしまう可能性があります。状況になれば、「返済能力が無い」、「返済する意思が無い」と受けとめられ金融機関からからは「要注意人物」の扱いとなってしまい、信用情報機関でブラックリスト入りになる場合も起こり得ます。

「延滞」

「延滞」は返済期日から長期的に返済がされなかった場合に用いられ、個人信用情報機関では「異動情報」として記録されることでもあり、「約定返済日より61日以上または3ヶ月以上支払が延滞しているもの」で、およそ2ヶ月以上返済が遅れれば「延滞」と言う事になり、「ブラックリスト入り」になるということです。

返済が遅れてしまいそうなときの対処法

「返済期日は分かっているが、現在手元にお金が無い」という場合には次の対処法を取りましょう。

  • 金融機関に状況を伝え、どうすればいいか相談する。
  • とりあえず、お金が入った時点で返済する。

返済日に間に合いそうもない場合は、遅れるとわかった時点ですぐにコールセンターに連絡するか、ローン会社によっては、会員ページから返済日の遅延連絡が可能な場合もあります。基本的に返済期日は厳守なので、それに遅れてしまった場合、ただ遅れることを伝えるだけではすみません。

  • 具体的な返済期日
  • 返済可能な返済額

「これこれの理由で返済が遅れそうです。○日には○円なら返済が可能になります」というようにできるだけ具体的に伝える必要があります。
オペレーターからその後どうしたらいいのかの提案がなされる場合があります。

カードローン遅延損害金が発生します

約定返済額にローン会社が定めた利率を追加で支払う延滞金を払う事になります。
遅延障害金は1日ごとに日割計算で加算され、遅延損害金は返済が遅れると金額がどんどん上がっていきます。毎月最少返済額で返済しても、遅延の返済では遅延日数分だけ遅延金を支払う事になります。
遅延損害金の利率は契約書に記載されており、一般的に20%程度で、低金利な銀行ローンでも遅延損害金年率は高めに設定されています。

 

カードローンを延滞した時の対処法は関連ページ

キャッシングとカードローンの違い
意外とよくわからないキャッシングとカードローンの違い
得するクレジットカードの使い方
便利に使えるクレジットカードですが、もっとお得な使い方があります。3つのポイントを押さえてより便利な使い方をしましょう。
どちらを選ぶ?教育ローンと奨学金
預貯金のみで学費を出せない場合も多いことでしょう。そんなときに役立つのは奨学金や教育ローンです。しかし借り入れる時期や金額によって「どちらを選べばいいのか」が変わってきます。
夫婦ペアローンは共働きの強い味方
雇用形態が以前と様変わりして、最近では専業主婦よりも共働きの夫婦もかなり増えてきました。住宅ローンを組む上でも共働きならではのメリットがあります。それが夫婦ペアローンです。
保険が使えないときの医療ローン
保険が適応されない医療行為に対してよく使われるのが医療ローン(メディカルローン)です。これは高額な医療行為をするときに使われるローンで重宝されています。
老後の備えに「不動産活用ローン」
退職金や年金の減少で老後の資金作りに注目されている「不動産活用ローン(リバースモーゲージ)」とはどのようなものなのでしょうか?
無利息カードローンの上手な使い方
数日あれば返せるのに現在手元に現金が無くて困っている。そんなピンチを救ってくれるのが無利息融資カードローンサービスなのです。
カードローンの審査が通らない理由
カードローンを申し込む際には審査を受ける事になりますが、審査に通らない場合があります。その理由とは何でしょうか?。
カードローンを職場や家族に知られない方法
カードローンを利用している事は、職場や家族にはあまり知られたくないかと思います。どうしたらばれずに利用することが出来るのでしょうか。
カードローンの返済方法を理解しよう
カードローンを利用すると、返済をしなくてはなりませんが、その方法も色々とあります。自分が利用するカードローンの返済方法はどのようなものなのか良く理解して使うようにしましょう
ノンバンクカードローンのメリットとデメリット
ノンバンクカードローンはいわゆる消費者金融が行っている貸し金業務です。無担保でお金が借りる事が出来て、審査も銀行カードローンよりも比較的緩く使いやすいので利用者が増えてきています。ノンバンクカードローンのメリットとデメリットはどのようなものなのでしょうか。
無審査で借りられるカードローン?
カードローンを利用する際には審査を受けて通らないと利用できません。審査が無くて申し込むだけでお金を借りられる所はヤミ金くらいしかありません。
払いすぎたお金は取り戻せる?
カードローンで利息を多く払いすぎていた場合は取り戻す事が可能です。そんな時どうすればいいのか?いい方法があります
カードローンのデメリットを知ろう
今では便利に使えるカードローンですがメリットばかりではなくデメリットも当然あります。デメリットも知った上で正しく使うことが大事です。
クレジットカードで即日融資
今すぐ現金が必要なんだけど口座の残高が足りない時など、カードローンで借りたいけどすぐに融資をしてくれるか解らない時などは、クレジットカードのキャッシング機能で即日融資が出来ます。
意外と便利なカードレスキャッシング
カードローンはカードを使うからカードローンと呼ばれていますが、最近ではカードを使わなくても利用できるカードレスキャッシングも出てきました。
住宅ローンは返済増額が効率的
住宅ローンの返済計画をするときは、将来の生活設計を見つめて行うことが望ましいものです。生活の変化を見越して繰り上げ返済をするか、月々の返済額を増額するのかどちらがいいのでしょうか?
目的別ローンを賢く使う
カードローンのキャッシングなどは使用目的が問われないフリーローンと呼ばれるものが主なのですが、それ以外に利用目的が制限された、「目的別ローン」があります。そのメリットは何なのでしょうか?
おまとめローンで金利を下げよう
カードローンを数社から借りている時など、金利や返済日もバラバラで、それぞれの残金が幾らになっているのかも判りにくくなります。そんな時は、おまとめローンで一本化すると金利も下がり早く返済する事が出来ます。